宮古島移住 住んでわかったメリット・デメリットと噂話。やっぱり青い海は最高!

夫婦で宮古島に移住して1年が経ちました。(個人的には2回目です。)

「離島に移住なんてすごい!」「夢みたいな生活!」と言われますが、その通りの部分もあり、現実もあります。

いまやバブル真っ盛り!《南国のリゾート》宮古島に移住したからこそ感じる、島生活のメリット、デメリット、噂話を忘備録的に書いてみました。

※あくまでも個人的な感想です。立ち位置はこんな感じ。
アラフォーの夫婦、結婚4年目。
夫は都心に生まれ、育った人。のどかな暮らしを愛する人
私は栃木に生まれ、就職してからずっと東京暮らし。(途中の2年半は宮古島)海が好き

メリットに感じること

世界有数と言われるほど透明な青い海が日常の景色

とにかく空が広い。夕日も朝日も星空も、日々感動

ネオンがないので、満月がとても明るく感じる。存在感ハンパない

空も空気もきれい(夏はもわっとするけど)

島を出なくても、ひととおりの生活はできる(ドンキ、大型ドラッグストア、100均、マックスバリュ、西松屋、ビレバンもある。サンエーというイオンみたいなスーパーがある)

冬でも寒くない(これすごくありがたい)

友達、知り合いになりやすい。どんどん増えていく

初対面でも、だいたい誰かの知り合いなので、話がしやすい

異業種の人とも、どんどん知り合いになれるので世界が広がる

利害関係なく、すぐ友達になれる(内地で妙にフレンドリーな人って変な勧誘が多くて泣いた)

基本、車移動。1人に一台必要(私には楽でいい)

通勤はほぼ車で5分以内、友達も5分以内で会えるエリアに密集している

残業しても、すぐに帰ってこられる

夫婦で一緒にいられる時間が長い

どうやら最近の夏は、都会より気温が低いらしい(32度くらい。でも日差しは強い、痛い)

休みの日に家から水着でシュノーケルに行ける。普通に魚がたくさん泳いでる

劇団四季や、有名人な人の講演会に行きやすい。安い、目の前で見られる、チケットすぐとれる

ビジネスセミナーが無料で受講できる(補助金のおかげ)

島内のイベントの情報がたくさん入ってくる

市街地が集約されているので、友達にバッタリ会える確率が多い

満員電車に乗らなくていい・歩いていて人にぶつからない

都内によくいる、死んだ魚の眼をしているようなサラリーマンはいない

今(2019現在)は宮古島バブルなので、人手不足。仕事はいくらでもある。夫もすぐに就職できた

子供が多い。子育てしやすい(友人から聞いた話)

リラクゼーションやマッサージが安い

島で採れた野菜全般、果物が安くて新鮮、味が濃くて美味しい

島でとれるマンゴー、海ぶどう、カツオは絶品

飛行機を電車みたいに使えるようになった(飛行機好き)

ドローン飛ばし放題(都内では規制で飛ばせない。夫の趣味)

島生活のおかげで、自分のコンディションが良く、カウンセリングの質が上がった

写真を撮ることが楽しい。撮りがいがある(新しいレンズが欲しくなる)

デメリットに感じること

今(2019現在)は宮古島バブルなので賃貸物件がない。家賃が都心並みに高い(移住したくても部屋がなくて1年半待ちました)

全体的に内地に比べて給料がとても低い

百貨店、デパートで服を買っていた人は、買う場所がない(具体的に言うと、ROPE、untitle、インディビ、ナチュラルビューティーベーシックとか皆無。もちろん高級ブランド品もない)

ヨドバシアキバみたいな大型家電屋さんがないので、実際に見られる商品が少ない(ヤマダ電器、ベスト電器あり)

大好きだったスタバと大型書店がない(那覇空港のスタバでテンション上がる)

Amazonですら届くのが遅い(宅急便やさんは親切で頑張ってくれてます)

通販の送料が高い。送料無料なのに「離島は別途かかります」との表記。たまに「離島は発送できません」というお店も。

大学、専門学校がない、私立の高校もない

職業選択の視野が狭い。子供に公務員、医療系を進める親が多い。

おじい、おばあの方言がまーったく聞き取れない。それはそれでなんかいいけど。(聞き返すと標準語で話そうとしてくれる。)

湿気が多いのでなんでもカビる(とくに革製品は致命的)カビがすごい。

虫が多い、共存レベル。ゴ○ブリが巨大で泣きそうになる。

生きてるだけで焼ける。洗濯物干すだけでも日焼けする(個人的に焼けやすい)

記念日に行きたい「ちょっと高級な美味しいお店」が少ない

娯楽はほぼ、飲みに行くか、カラオケしかない

以前は飲食店は安かったけど、今は観光地価格でコスパ悪い

外食は揚げ物や肉系が多い。味も濃いめな感じ

車生活なので歩かなくなる。運動不足

金属製品、とくに車がすぐ錆びる

行く場所が限られるので、休日にやることがない(さすがに海は毎週行かない)個人的に仕事し放題は嬉しい♫

学びたいことがあっても、島外に行かなくてはならない(最近はオンラインが便利)

島外での用事は宿泊が前提になるので、チケット代に加えてホテル代もかかる。(沖縄本島は頑張れば日帰り可)

噂がすぐ広まる

夫がパチンコに行くようになってしまった(泣)もともと麻雀大好きだったけど。

両親や親戚にすぐ会いに行けない

引っ越し作業が大変だった。業者も少なかった

医療に不安を感じる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

うわさ

離婚率が高い

浮気をしても、島内なのですぐバレる

中学生からお酒、タバコをたしなむ確率が高い(みんな素朴でいい子たち!)

幸せかどうかを決めるのは、自分次第

まだまだたくさんあるので、今後も増やしていくかもしれません。

でも、デメリットなんて簡単に乗り越えられるほど、私は宮古島の生活を気に入っています。

もし、宮古島に生まれ育っていたら…きっと島を出ていたと思います。実際に私自身、栃木で生まれ、田舎が嫌で上京した経験があります。都会で暮らしたことで社会を知り、視野を広げる貴重な経験でした。

田舎と都会、両方を経験した今だからこそ、宮古島の良さを噛み締められているんだと思います。

島に住まわせていただいている、そんな気持ちを忘れずにいたいです。

さて、次はお墓を探そうかしら・・・

ちなみにこの宮古島移住。ある方法を使ったので、個人的は引き寄せた賜物って思ってます♫

 

 

期間限定の特別特典や、東京出張の優先予約はニュースレターでお知らせしています。週に1回のペースで配信中。

 

お名前
MAIL
クリックして受け取る≫≫  

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

五十嵐 かおる

五十嵐 かおる

自分が輝ける人生の見つけ方をナビゲートします。宮古島に移住したカウンセラー・セラピスト。
前職はゼネコンで建築設計を担当。落ちこぼれでまわりと馴染めず、人間関係も上手くいかないOL時代に心理学に出会いました。学んだことを実践しながら、じわじわと周りが変わり効果を実感。自分の本音に気づき、思いを伝えることで現実が変わっていく喜びを知りました。「好き」を仕事に変える初めてのチャレンジとして、2008年からプロとして活動開始。日本全国、海外も含め2500名以上のお客様に寄り添いサポートしてきました。
経験豊富なカウンセリングは「話しやすい」「人生が変わった!」とリピーター続出。
2018年に引寄せで夢を叶え、夫婦で宮古島へ移住。現在は島内と東京で活動しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします