摂食障害の子供の接し方。傷つけないために、言ってはいけない言葉

摂食障害の子達に、絶対に言ってはいけない言葉があります。まわりは軽い気持ちで言っても、本人たちの心は深く傷ついてしまうのです。

こちらの記事を読んでくださった、摂食障害の娘さんを持つお母様からのご相談が増えています。

摂食障害に苦しむ子達の気持ち

摂食障害(特に過食嘔吐)をしている、一番の理由はなんだと思いますか?

そう、「太りたくない」です。

ダイエットのための食事制限が、摂食障害にまで発展してしまった本当の理由は、もっと心の奥深いところにありますが、本人が自覚しているのはとにかく「太りたくない」「痩せたい」なのです。

・・・ということは、何を言ってはいけないか。わかりますよね?

 

摂食障害の子供に言ってはいけない言葉

「太った?」

「むくんだ?」

「丸くなった?」

この言葉は絶対にご法度です。「ちょっと」とか、「少し」というクッション言葉をつけてもNGです。

 

特に過食嘔吐をすると、顔がむくんでしまう人が多いので(五十嵐は丸顔がさらにパンパンになってました)、まわりから「むくんだ?」と言われがちです。

そうすると本人の心境は「昨日、全部吐いたはずのなのに、吐ききれなかったのかな」と不安になってしまうのです。さらにそれがストレスになって、また夜の過食とむちゃな嘔吐につながってしまうのです。

 

「摂食障害の子供に栄養をつけてあげたい」食事を用意する前に、こちら記事を読んでください。

「太った?」と言われるのが嫌で、実家に帰らなかった

五十嵐は、実家に帰るたびに父から「また太ったな!」「まったくデブなんだから」と言われたり、母から「少し丸くなった?」と言われるのが嫌で、帰省するのを控えていたことがあります。実家に行った後は、過食嘔吐がひどくなってしまうのです。

もちろん、親に悪意なんてないのはわかっています。でも、心が暴走している状態では、些細な言葉にも反応してしまうんです。

 

周りからすれば、大して変わったと思っていないし、ふとした一言でしかないんですよね。でも、太りたくない、痩せることに過敏になっている本人にはその一言で、大きく傷ついてしまうということ、知識として知っていただけたら幸いです。

 

摂食障害のお子さんをお持ちのご家族や、症状を知っているお友達は、できるだけ体型に関わるネガティブな言葉はかけないよう、注意してあげてくださいね。

こちらも知っておいてください。

摂食障害 過食嘔吐の記事まとめ

摂食障害 過食嘔吐に関する記事は、こちらからご覧いただけます。

 

「1人で抱え込まないで・・・」
摂食障害のお子様を持つお母様へ

現在、摂食障害(過食嘔吐)の娘さんを持つお母様からのご相談が増えています。「娘の気持ちがわからない」「どうして止められないのか理解できない」など、当事者の心の中で起きている葛藤や、どう向き合えばいいのか等、五十嵐なりのお話をさせていただくことができます。もしよろしければ、セッションをご利用ください。メッセージ欄に「摂食障害の相談」とご記入いただけるとスムーズです。

私自身の経験をもとに本人にしかわからない症状についての情報を少しずつシェアしています。

こちらのメルマガに登録いただくと
・新しい記事のお知らせ
・今後、お話会などを開催する際のご案内
が受け取れます。

発信回数は少ないですが、よろしければご登録ください。登録は無料。ご登録はニックネームでも結構です。秘密は厳守しますのでご安心ください。

 
メールアドレス
お名前(ニックネーム可)
お住まい

 

 

この記事を書いた人

五十嵐 かおる

五十嵐 かおる

自分が輝ける人生の見つけ方をナビゲートします。宮古島に移住したカウンセラー・セラピスト。
前職はゼネコンで建築設計を担当。落ちこぼれでまわりと馴染めず、人間関係も上手くいかないOL時代に心理学に出会いました。学んだことを実践しながら、じわじわと周りが変わり効果を実感。自分の本音に気づき、思いを伝えることで現実が変わっていく喜びを知りました。「好き」を仕事に変える初めてのチャレンジとして、2008年からプロとして活動開始。日本全国、海外も含め2500名以上のお客様に寄り添いサポートしてきました。
経験豊富なカウンセリングは「話しやすい」「人生が変わった!」とリピーター続出。
2018年に引寄せで夢を叶え、夫婦で宮古島へ移住。現在は島内と東京で活動しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします