「TODOリスト」は「トド」になる?!新年の目標を叶えるコツは【仮決め】にアリ☆

2019年、新しい年が始まりました!今年もよろしくお願いします。

お正月といえば、「新年の抱負」。新しい手帳のページを開いて「今年こそは!」と目標を立てた方もいらっしゃると思います。

せっかく目標を立てたなら、ぜひ実現させたいですよね。今年こそは先延ばしからサヨナラできる、引寄せやすい目標の立て方についてアドバイスいたします。

 

 

「TODOリスト」は、「トド」になる?!

最近の手帳には、始めからTODOリストがついてて、書き込むだけというページもあるみたいですね。

用意されているマス目のなかに

  • やりたいこと
  • 重要度

という項目が用意されていて、そこに書き込むだけという、いたれりつくせりのページです。

ほとんどの方は、項目通りに「海外旅行」や、「ダイエット」「英会話」と書くと思いますが・・・

 

その目標、去年も一昨年も書いた記憶はないでしょうか?!

毎年毎年、「今年こそは海外旅行!」「今年こそは宮古島に行く」と思いながら、気づけば3年が過ぎていたなんてめずらしい話ではありません。

せっかく立てた目標なのに、「いつか」が何年経ってもやってこなかったら「TODOリスト」どころか「トドリスト(トドのように動かない)になってしまいます。

耳が痛いです・・・

目標を明確にできない理由は責任感のせい?

よく、引き寄せや、目標達成のために大切なポイントは「詳細まで決めること」だと言われます。

どのようにやるかというと

  • 海外旅行に行きたい

 →国は?都市は?現地で何をする?ツアーはいくら?誰と行く?日付は?

  • 英会話ができるようになりたい

 →「できる」ってどういう状態?勉強方法は?勉強時間は?ペース配分は?ゴールの日付は?

これらを決めることができたら、実現できる可能性はグッと近くなります。でも、ほとんどの人が詳細を決めようとすると躊躇してしまうのです。

さらに、実現する日付「◎月○日」を書き込めません。

  • その期間は仕事が忙しいかも…
  • 家族の予定が入るかも…
  • そんなに計画通り決められないかも…

もし目標通りに進まなくても、自分以外は誰もわからないですよね。文句も言われません。

書くだけなら、誰にも迷惑はかからないのです。

それなのになぜ、書けないのかというと

 

責任感が邪魔をしているからなんです。

 

現時点で日付を決めてしまうと、いざその時になって行動できなかったら

  • できなかったことに罪悪感を感じてしまいそう
  • できない自分を責めてしまいそう

など、「責任をとらなくては!」という気持ちが重くのしかかってしまうのです。

五十嵐
みなさん、まじめなのです。

 

仮決めに挑戦

そこで五十嵐が提案する方法が、【仮決め】です。

目標を明確に決めることは必要ですが、「決めきれないこと」は横に【仮】と書きこむだけ。

それだけですか?

変更になるかもしれない、キャンセルになるかもしれない。

そんな心の不安も【仮】が解消してくれます。【仮】だからこそ、変更も気軽にできます。

目標について詳細まで決めるのは確かに大切なのですが、【仮】と書けると、細かいことまで安心して決められるようになるんですよ。

日付を決めることに躊躇するなら、◎月上旬・中旬・下旬くらいまででもOKです。季節が決まるだけで、イメージしやすくなるんですよ。

五十嵐

「イメージ」を明確にするのは、「引寄せ」のコツでもあるんです♪

ぜひ、今年の「TODOリスト」や「新年の目標」には、一手間加えて

  • 目標についての、細かい情報
  • 日付(◎月上・中・下旬)

も書き込んでみてくださいね。気持ちも行動も、新しい1年になるはずです!

あなたにとって、素敵な1年になることを祈っています☆

 

 

職場の人間関係・恋愛が上手くいかない・わかってもらえない・人には言いにくい家族の悩み…

自信がなくて、心配ごとで頭がいっぱいになってしまうけど、まわりからは「考えすぎ」と言われてしまう。
そんな経験ありませんか?


もしかしたらあなたは、ただの考えすぎではなく「ある心の特徴」をもっているからこんなにも苦しんでいるのかもしれません。

 

✅自分のミスや、小さな失言のたびに、自分を責めたり、否定しがち

✅大人数の集まりや飲み会が苦手。うちとけられない気がする

✅相手が不機嫌だったり、怒っていたり、上機嫌だったりすると、自分の気持ちも影響される
✅LINEやメールの返信のタイミング、文章の雰囲気で、相手の本音がなんとなくわかる
✅小さな頃から、親の言葉の影響が大きかった


この項目に当てはまる数が多ければ、あなたは周りの雰囲気を敏感に読み取ってしまう鋭い感覚(HSP)の持ち主である可能性が大です。

 

HSPの方は、他の人と同じようなカウンセリング・コーチングなどの自己啓発では上手くいかず、返って心が疲れてしまうこともあるんですよ。

 

もうそろそろ、頑張るのは辞めませんか。

 

 

心理学を学ぶのをやめて、ほんの少し視点を変えるだけで

人間関係が変わり、想像以上の自分になれます♪  

 

 

自分に合った方法が知りたい方は

無料のこちらをクリック。

 

※個別セッションは現在満席です。