同僚の態度が急に変わった?!自分を責めるのは少し待って!

Aさん

入社した時から仲が良かった同僚がいるのですが。

なんだか最近、彼女のほうから私を避けるような感じがして。

五十嵐

何か、彼女の気に触るような出来事があったんですか?

Aさん

いえ、、、何にも心当たりがないんです。何か悪いことをしたのかなって考えたんですが、思い当たることがなくて。

ずっと仲の良かった友達が、ある時から急に冷たくなった。ランチに行くのを避けたり、おしゃべりするもの目を合わせてくれない。

何か気に触るようなことをしたのかしら?と考えても心当たりはないし、「調子悪い?」と聞いても返事は「別に・・・」

まわりも薄々気づき始めて、私たちに気を使っているような気がして居心地が悪い。。。

あからさまに嫌味を言われたり、嫌がらせをされるわけではないけれど、地味に心に響く同僚の態度。結構キツイんですよね。

そのお悩み、原因はあなたのせいではなくて、同僚の心の中にあるかもしれません。

Aさん

えっ?じゃぁ私はどうすれば・・・

まずは、お友達の心の中で渦巻いているモヤモヤについてご説明していきましょう。理由がわかれば、あなたもどうすればいいかがわかるはずですよ。

 

同僚の態度が変わったのは私のせい?

実はこちらのAさん、五十嵐のカウンセリングを受けながら、どんどん輝きが増していっている最中でした。

まわりからの評価は高いのに、自分に自信がなくて引っ込み思案だった彼女。

1年も経たないうちに、職場の男性から愛されるキャラになり、女性の後輩からは憧れられる存在になっていたのです。

本人も仕事がますます楽しくなってきたところだったのに、同僚の態度が変わりショックを受けていたのです。

Aさん

私、生意気な態度をとっていたのでしょうか

私、嫌味なことを言ってしまったのでしょうか

私、私、私・・・・

ちょっと待って!!!

同僚の態度が変わったのは、自分のせいだと思っていません?

Aさん

もちろんです。。。

五十嵐
もう、自分を責めるのはやめましょうね〜

 

もしかして、同僚の性格は・・・

おそらく同僚の方は、すっごく人の気持ちに敏感な方でしたよね。

そして、彼女も自分に自信がなかったのではないでしょうか。

結構、まわりから評価されたい、上昇志向の強いタイプだったのではないですか?

Aさん

は、はい。。。

そして、きわめつけに

Aさんは、彼女に「頼る」とか「助けてもらう」側だったのでは?

Aさん

そうでしたー!!なんでわかるんですか?

 

パワーバランスが崩れたってどういうこと?

おそらく、同僚の方が態度を変えたのは「パワーバランス」が崩れたことが理由だと思います。

「パワーバランス」って、力の関係のことなんですが、天秤をイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。

今までは、頼る側だったAさん、頼ってもらう側だった同僚の方。

仮に右側に傾いていたとしますね。

最近になって、Aさんがどんどん輝きを増して、職場の中でも中心的存在になってきました。

後輩の面倒も見るようになって、頼る側だったAさんが、頼られる側になり始めたのです。

そう、天秤が左側に傾き始めたのです。

自分は何も変わっていないのに、Aさんがどんどん変わっていくことで、天秤の傾きが逆になってしまった。

自信がない同僚の方からすれば、自分の意図しないところで天秤の傾きが変わることに不安を感じてしまうのです。

新しい力の関係に違和感を感じるし、もとには戻せないしで、同僚の方の心の中はパニック状態!!

 

本来であれば、まわりからは「頑張ってるなー」「えらいねー」という評価のはずですよね。

ところが同僚の方が感じたのは「焦り」なのです。「やばい、私が抜かされる」という不安。

言葉が悪いですが、同僚の方は、Aさんをどこかで見下していた部分があるのでしょう。

しかも、敏感なぶんまわりよりも早くAさんの輝きが増したことに気づいてしまったのです。

 

ここである程度、大人のマインドを持っていたら、態度には出さずに「私も頑張ろう」って心に秘めるくらいで終わるのですが、

名前
同僚の方は、そうではなかったのですね。

おそらく自分の立場を守ることに必死で、Aさんをこんなに傷つけていることに気づいていないはずです。

 

同僚との関係、どうするかは自分で決めていい♬

Aさん

おっしゃる通りだと思います。彼女の性格に当てはまることばかりです。

だからと言って私、前の自分には戻りたくありません。

そう、頑張って前に進んだのに、嫌な態度をされたからと言って前に戻らなくていいんです。

別にAさんが同僚を蹴落とそうとしているわけでもないし、偉そうな態度をとったわけでもないのですから。

心理学的な言葉を使うと、Aさんの輝きが増したことに、同僚の方が「反応」しただけ。

これは同僚の方の、心の中の問題なのです。

名前
それでも、彼女との関係を戻したいでしょうか?
Aさん

いえ、もういいです。他に仲のいい友達もいますし、部署内の人間関係も良好です。

理不尽に嫌な態度をとられるような同僚とは、しばらく距離を置きたいと思います。

そうですね。一度距離を置いたからと言って、友達関係が終わってしまうわけではありません。

いまは「焦り」と「不安」でいっぱいになっている彼女の心の中は、パンパンに膨れ上がった風船のような状態。

気を使って話しかけたところで、逆効果です。

同僚の方の気持ちが落ち着いたら、普通に話しかけてくるかもしれません。

仕返しをする必要はありませんが、程よく距離を開けることで、二人とも気持ちが楽になるはずですよ♬

 

まとめ

日頃から自分に自信がないと、相手の態度が変わるとすごく不安になりがちです。

「あんなこと言ったからかな」「この前の態度が気に障ったのかな」自分を責めがちなのもわかりますが、

今回のご相談みたいに一呼吸おいて、「相手の中」で何かが起きているかもしれないって考えてみてくださいね。

あなたに悪気が無ければ、いつか誤解も解けますし、相手の気持ちも戻ってくるはずです。

 

ただ、相手の態度に振り回されて苦しくなったり、自分の不安が膨らんでしまいそうな時は、迷わずカウンセリングを使ってくださいね。

似たようなパターンでも、人によって理由は違います。五十嵐の場合は、お客様の状況をじっくり聞いてから、問題の根っこから紐解いていくオーダーメイドのようなカウンセリングです。

五十嵐
ニュースレターにご登録いただくと、新しい記事や、読者様限定のお知らせを受け取ることができます♪


 

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

五十嵐 かおる

五十嵐 かおる

愛も仕事も引き寄せる。宮古島在住のカウンセラー。都内でキャリアOLを目指すも挫折し、人間関係がつらかったOL時代に心理学に出会いました。実践するほどに自身の人間関係がみるみる変わって行くのを実感。2008年からプロとして活動開始、日本全国、海外も含め2000名以上のお客様に寄り添いサポート。持ち前のインスピレーションと「話しやすい」「目からウロコ」経験豊富なカウンセリングは「人生が変わった!」とリピーター続出。2018年に引寄せで夢を叶え、夫婦で宮古島へ移住。お客様ご自身が望むよりも一歩先の未来へナビゲートいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします