人生の流れを変える〜ワンランク上の自立女子へ〜

HSP 疲れやすいのには理由があった 定期的にぐったりする人へ  人と同じにできなくて当たり前

  
\ この記事を共有 /
HSP 疲れやすいのには理由があった 定期的にぐったりする人へ  人と同...

今回は、HSPが疲れやすいのには理由があった!定期的にぐったりすることについてお話します。
会社や家事を頑張れない自分を責めがちな人は、ぜひ読んでみてくださいね。

疲れやすいと感じたことはありますか

「数ヶ月に1回、何もできなくなるほど疲れて全てが嫌になってしまうんです」

「半年に1回くらい、スイッチが切れたように何もできなくなってしまうんです」

「毎週日曜は、何もできなくて家でぐったりしています」

そしてみなさん、口を揃えていうんです。

「みんなと同じように頑張れない自分は、ダメだなって思うんです」

定期的にガス欠しがちなのは、あなただけではありません。

五十嵐

ちなみに私は、学生の頃は定期テストが終わると、必ず体調を崩していました。

OLをしている時は、意味不明の体調不良っていうか、会社にいくパワーがなくなって、有給をフルで使い切っていました。

でも、自分は持病を持っているわけではないし、健康なんです。
ただ、学校に行くとか、会社にいくガソリンがなくなってしまうような感じで、当たり前のことをする気力がなくなってしまうことが多々ありました。

HSPが疲れやすい理由

なぜ、HSPの人はガソリン切れになってしまうのか?疲れやすいのか?定期的にスイッチが切れたように動けなくなってしまうのでしょうか。

私なりの答えを見つけました。

五十嵐

それは何かというと「HSPは、日頃から情報に触れすぎているので、疲れやすい」ということです。

もう少し、詳しく説明しますね。

みなさんご存知の通り、HSPは敏感であり、繊細な気質を持っています。昨日お話した「因幡の白兎」のようなむき身の状態で生きています。

HSPと非HSPの情報の感じ方

 

私たちは、生きているだけでたくさんの情報に触れています。

一度、周りを見回してみてください。あなたの周りには何が見えるでしょうか。

五十嵐

テレビ、スマホ、窓、食器、住宅、ビル、商業施設、看板、これら全部、情報なのです。
移動中だったり、職場にいる人は、人間が見えますよね。

おそらくHSPは、無意識のうちにこれらの情報を人よりも多くキャッチしているのです。

視界から見える情報、人を見て察した感情、雰囲気、会話をしたらその言葉の中にある本音など、普通の人はスルーしているような情報を、取捨選択することなく敏感に、全部受け取っているのです。

宮古島と東京の情報量の違い

なぜこう思ったかというと、私が宮古島に住んでいた時、たまに東京に来て新宿駅を歩くだけで疲れてしまっていたのです。

なんでだろうって考えたら、人も建物も看板もお店も、ごちゃごちゃして自分に話しかけてるわけじゃないのに「うるさーい!」って感じたんですね。

スルーすればいいのに、目に映るもの、全てを情報として感覚が受け取っているのです。ちなみに夫は、全然疲れていませんでした。

京都のお寺とマトリックスの世界

話がそれましたが、都会じゃなくても、人と毎日関わりながら、私たちHSPは山ほどの情報に触れています。普通の人は受け流せることに、ひとつひとつ振り回されているのです。
もちろん、自覚はありません。生まれた時からそれが当たり前なので無意識です。

イメージとしては、京都の山の中の、緑に囲まれた静かなお寺の中で坐禅をしている時と、マトリックスの映画の中みたいに、数字が上から横から下から、ずっと流れている空間の違いみたいな感じです。

伝わるでしょうか。

五十嵐

お寺の中と、マトリックスの空間の中、どちらが疲れると思いますか。

マトリックスですよね。

少し大袈裟ですが、私たちHSPの感覚と、そうじゃない人の感覚ってこれらい情報量が違うんです。ということはですよ…最初の話に戻ります。

HSPは人よりも休みが必要

「数ヶ月に一回、何もできなくなる」

「1週間に1回は、ぐったりしてしまう」

「目まぐるしい情報量にふれてたら、そりゃ疲れるよねー」って思いませんか。

非HSPの人と同じ世界に生きて、同じ時間を過ごしても、情報をキャッチしすぎるHSPの脳や心には、休みが必要なのです。

ところが、HSPは生真面目な人が多いから、まわりと同じように頑張れない自分はダメだとか中には、人より頑張らなくては!と無理をする人が多いのも確かです。
そして、自分が疲れているのに気づかずに頑張り続けて、ある時プッツリ、電気が切れたように動けなくなってしまうのです。

HSPの人が、疲れやすい理由、なんとなく理解していただけたでしょうか。

疲れやすいHSPの対処法

じゃぁ、どうしたらいいのって、答えは明白です。

疲れる前に休むようにするです。

これを言っても、みなさん本当に休まないので、同じことを繰り返されるのですが…とりあえず自分は疲れやすいっていうことだけでも知っていただけたら幸いです。
そんな自分との付き合い方や、自分のバランスの取り方がわかると、今よりずっと生きやすくなるはずです。

仕事が速いが、休みも必要

ちなみにですが、仕事のスピードも速い人が多いのですが、そのぶん、休憩も必要なのもHSPだなーって思います。

例えば、普通の人が5時間かかる仕事をHSPは3時間とか、4時間で仕上げちゃうんですが、集中した後に1、2時間は休憩しないと、復活できないので、結局5時間必要なんだって思っておいたほうがいいです。

早く終わると次のことをやりたくなりますよね。

五十嵐

【人生の流れを変えるプログラム】では、心理学を学びながら自分との付き合い方を知り、もっと自然体で生きる方法をアドバイスしています。
さらに思考の癖を変えて、自己価値を上げることで、現実が変わり、相手が変わり、今でとは全く違う人生の流れに乗ることができます。興味のある方はこちらをクリックしてくださいね。

音声動画でも配信しています。よかったら2倍速で聞き流してくださいね。

Copyright©愛も仕事も引寄せる,2022All Rights Reserved.