お母さんを助けなくちゃ!長女が母親のサポートにまわった結果

前回の記事の続きです。

しっかりしている長女、本音は人に頼ることが苦手

しっかりモノの長女さん。
まわりからはお姉さんタイプに見られますが、本人の心の中は決して穏やかではありません。
小さな頃から甘えることが少なかったので、大人になっても「人に頼る」「助けてもらう」ことに抵抗があるんです。
気づかないうちに、仕事や悩み事も1人で抱え込んでしまいがち。

母親が、長女に見せた背中とは・・・

この背景には、過去の母親の姿が見え隠れしています。
お母様はたしかに頑張り屋ではありますが、長女にだけは、このような愚痴や弱音を言いがち。
  • お母さん1人が、我慢すればいいのよ。。。
  • お父さんはどうせわかってくれないから。。
  • 妹より、あなたのほうがしっかりしていて頼りになるわ。。

小さな頃から、このような言葉を聞いていた子供はどうなるでしょうか。

Aさん
お母さんは、大変なんだ!
私がお母さんを守ってあげなきゃ!!

 

ですよね。それでも小さな子供は何もできません。
「助けられないはがゆさ」を感じながら、「大きくなったら、お母さんを助けるんだ!」って強く心に誓うのです。
健気な子供が大人になると・・・
Aさん
「お母さんをわかってあげられるのは私だけ!!」
母親のサポートを一手に引き受けて、献身的に支えるのです。



母親を助けようとして、自分が犠牲になってしまう

自立した大人になって、精神的にも、経済的にも、母親を支えられるのは嬉しいものです。

他の家族が頼りにならないなら、なおさら自分が頑張らなくては!って思います。

母親は誰もわかってくれなかった自分の気持ちを、1番理解してくれる娘を心の支えのように感じてくれます。

でもこの関係を長年続けていると、人生に歪みのようなものを感じ始めるのではないでしょうか。

  • どうして、他の家族はわかってくれないの?
  • 職場の同僚みたいに、気軽に人生を楽しめない
  • 結婚したいけど、お母さんを1人にしてしまうのは心配
五十嵐

もう十分、お母さんのサポートをしてきましたよね。

自分の人生を楽しんでもいいんですよ。

Aさん
そうしたいのは山々です。
でも、母親をひとりぼっちになってしまうのは心苦しくてできません。
こうしている今も、母親から愚痴のLINEが届きました。
五十嵐
うーーん。。お気持ちはわかるのですが《将来》を考えると、Aさんのためにも、お母様のためにもならないのですよ。。
なぜ、二人のためにならないのかについて、次の記事で詳しくご説明しますね。


似たようなケースでも、お一人おひとり理由は違います。
五十嵐のセッションは、お客様の状況をじっくり聞いてから、問題の根っこから紐解いていくオーダーメイドのスタイルです。

▼  ▼  ▼ click here! ▼  ▼  ▼


お名前
MAIL
  

 

 

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

五十嵐 かおる

五十嵐 かおる

悩みを輝きに変える。宮古島在住のカウンセラー。都内ゼネコンで建築設計を担当。型にはまった考え方と数字が性に合わず、人間関係も上手くいかないOL時代に心理学に出会いました。学んで実践しながら価値観も現実もみるみる変わって行くのを実感。2008年からプロとして活動、日本全国、海外も含め2000名以上のお客様に寄り添いサポート。「話しやすい」「目からウロコ」経験豊富なカウンセリングは「人生が変わった!」とリピーター続出。2018年に引寄せで夢を叶え、夫婦で宮古島へ移住。お客様ご自身が望むよりも一歩先の未来へナビゲートいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします