長女が母親の愚痴聞き役になった結果、父親との関係は?

前回記事の続きです。

長女が、母親の愚痴聞き役を卒業するべき理由

お母様の愚痴聞き役を続けることが、長女さんのためにならない理由は・・・
お母様のことが心配で、
結婚=見捨てるように感じてしまうから。
いくら口では「結婚したい」「彼と一緒になりたい」と言っていても、
  • 心のどこかで後ろめたい気持ちがあったり
  • 心配で「母親を1人にできない」という気持ちが残っていると
現実として「結婚できない」という現実を引き寄せてしまうのです。
心の力は偉大です。
自分では気づかないほど心の奥深い部分で考えていることって、なぜか現実になりやすいという性質を持っているのです。
(五十嵐のセッションはこの部分に注目して、お客様の悩みを解決するサポートをしていきます)
五十嵐
だからと言って「母親の心配をやめます!」とすぐには決められませんよね。
次に、お母様のためにならない理由を説明します。

 

 

母親が、長女にばかり愚痴を言うのをやめた方がいい理由

お母様は、長女さんに愚痴を聞いてもらえる間は、お父様や妹さんに向き合いません。
手をつけるべき現実に、目を背け続けるのです。
頼りにならないというお父様は、妻であるお母様から話し合いをしたり、今の態度を変えない限り、お父様が自分から変わることはおそらく難しいと思います。
「もう夫のことは諦めている」という女性が多くいらっしゃいます。
何年も、何十年も、愚痴を言いながら我慢を続けているのは、とってもしんどいと思います。
でも、祈ったり、呪ったところで、相手は勝手に変わってくれないのです。
自分から直接、言葉や態度で何かを伝えたり、関係性を変えるアプローチをしないと、現実は変わってくれません。
愚痴を言い続ける場所=現実逃避できる場所があるかぎり、お母様はお父様と向き合わなくなってしまうんです。

父親の気持ちにもなってみる

ここで、少し立ち止まってお父様の気持ちも考えてみましょう。
妻と長女がタッグを組んで、自分を攻撃して来る状態。
自分の居場所が無くなってしまうように感じて、決して気持ちのいいものではありませんよね。
母親と父親の仲が悪い場合、子供がどちらかに加勢することで、状況はこじれてしまう可能性が大きいのです。
厳しい話ですが、
長女さんが、母親の愚痴聞き役を続けている限り、
お母様とお父様の関係性が改善することはない、という原因にもなるのですよ。。。
五十嵐
良かれと思ってやっていることなのに
さらに、姉妹や兄弟にも同じことが言えます。次の記事もご覧くださいね。

 

職場の人間関係・恋愛が上手くいかない・わかってもらえない・人には言いにくい家族の悩み…

自信がなくて、心配ごとで頭がいっぱいになってしまうけど、まわりからは「考えすぎ」と言われてしまう。
そんな経験ありませんか?


もしかしたらあなたは、ただの考えすぎではなく「ある心の特徴」をもっているからこんなにも苦しんでいるのかもしれません。

 

✅自分のミスや、小さな失言のたびに、自分を責めたり、否定しがち

✅大人数の集まりや飲み会が苦手。うちとけられない気がする

✅相手が不機嫌だったり、怒っていたり、上機嫌だったりすると、自分の気持ちも影響される
✅LINEやメールの返信のタイミング、文章の雰囲気で、相手の本音がなんとなくわかる
✅小さな頃から、親の言葉の影響が大きかった


この項目に当てはまる数が多ければ、あなたは周りの雰囲気を敏感に読み取ってしまう鋭い感覚(HSP)の持ち主である可能性が大です。

 

HSPの方は、他の人と同じようなカウンセリング・コーチングなどの自己啓発では上手くいかず、返って心が疲れてしまうこともあるんですよ。

 

もうそろそろ、頑張るのは辞めませんか。

 

 

心理学を学ぶのをやめて、ほんの少し視点を変えるだけで

人間関係が変わり、想像以上の自分になれます♪  

 

 

自分に合った方法が知りたい方は

無料のこちらをクリック。

 

※個別セッションは現在満席です。