あなたのお悩みこれで一発解決!この質問に答えたら、誰でも簡単に…?!売れるカウンセラーと売れないカウンセラーの違い

現在、マンツーマンで英語のレッスンを受けています。

先生が、私のために作ってくれたカリキュラムは

 

「英語で悩み相談にチャレンジ!」

 

 

私の語学力では、会話にならないのはもちろんですが、

それ以上に、答えられない理由があって悪戦苦闘中。

 

 

なにかというと、、、

「目の前にいない誰か」の架空の相談に答えることの難しさ。

 

今回の先生からのお題は、

 

「夫のスマホを見たら、

 浮気相手からのメールが来ていた。

 私はどうすればいいの?」

 

 

いやーーーーーー。

先生からのリアルなご相談ではないので、これ以上の情報は出てきません。

あくまでも、英語のレッスン。

 

五十嵐のカウンセリングスタイル

普段、五十嵐がお悩み相談をお受けするときは

お客様の表情、雰囲気、性格を感じて、使う言葉に配慮しながら質問をして

お客様の答えを脳内で分析しながら、図やイラストを使って説明したり、ラクになるアドバイスをお伝えして…

 

お客様の思い込みや、悲しみの根っこを紐解くために

過去の痛みをひきづっていないか、誰かの影響を受けていないか、

現状をから抜け出せない理由はなんなのか、

本人にとって何がベストなのかを探っていくスタイルなので

 

 

ひとりひとり質問も、幸せになる答えも違うから

 

「これさえ押さえておけば大丈夫!」なんて、

お客様のお悩みを十把一絡げにできないんです。

 

 

売れるカウンセラーのスタイル

もしこれが、売れるカウンセラーさんだったら

「夫の浮気」というお悩みに対して

「浮気をやめさせる方法」とか「復縁テクニック」とかをパッケージ化して、動画やテキストを作ってバンバン売り始めるでしょう。

 

お客様がどんな状況であろうと、通り一辺倒のアドバイスも決まっているから

「これを読んだら、解決します!」って、広告宣伝しているのもお見かけはするのですが。

 

 

 

私は、おひとり、お一人に

ベストな結果を出したいと思ってしまうのです。

 

 

体調を崩したとき、どちらの病院に行きたい?

お医者さまに例えて言うと、

「お腹が痛いんです」って病院に来た患者さんに

「これ飲んでおけば大丈夫!」って、誰にでも同じ痛み止めを出すようなことはしたくなくて

 

 

現状と病歴をヒアリングして、触診して、レントゲンとって、CTスキャンとって、ちゃんと痛みの原因を把握して、最適な治療を模索していきたい。

 

できれば薬は使いたくないし、再発しないような生活習慣もアドバイスするようなタイプです。

 

 

なので、きっと効率は良くないし、大儲けもできない。

不器用な仕事のやり方なのかもしれません。

 

それでも、私はこのやり方を愛しています。

 

そういえば英語の先生も、生徒一人ひとりに合わせて、テキストやカリキュラムを作ってくれていて

 

「私たちって、似てるよね」

 

そう言って笑いあった、今日のレッスンなのでした。

 

 

 

 

 

期間限定の特別特典や、東京出張の優先予約はニュースレターでお知らせしています。週に1回のペースで配信中。

 

お名前
MAIL
クリックして受け取る≫≫