鬼滅の刃 HSPには刺激が強いかも?!HSCは視聴注意

鬼滅の刃

『鬼滅の刃』こんなにも大ヒットしているなら、私も見ておかなくては!

ひとまず、テレビアニメを録画。

先ほど、洗濯物をたたみながら一度に見ようとしたところ・・・

五十嵐

え・・・えぐいっ!!
これを、今時の小中学生は夢中になって見るんですか?!
 

ショックを受けるお子さんが増えないよう、こちらの記事を書いておきます。

鬼滅の刃を見る前にHSP、HSCさんは視聴注意!

先に答えを言っておきますと「繊細さん」と言われる、HSP(Highly Sensitive Person)と、子供版のHSC(Highly Sensitive Child)の人には、刺激が強い部分があるかもしれません。汗

ただ、注意して欲しいのは、HSP全員がNGというわけではくて、HSPの一部の人にはという点です。

おそらく

・視界に入るものに影響されやすい人

・想像力が豊かな人

が見るには、しんどく感じる人がいるかもしれません。

五十嵐

『鬼滅の刃』鬼のシーンや、死体の映像は見るに耐えません…
 
 

普通の人よりも、ストレートに刺激を感じてしまう

私はアニメのスタート10分くらいで、目を伏せ、体に緊張が走り、それでも「せっかくだから…」とエグいシーンは下を見ながら、ストーリーを聞きながら把握。

人の死体や、鬼の顔のアップが、アニメでも、私にとってはリアルに怖い!

娯楽のはずが、苦行状態になっています。

五十嵐

この先を見るかは考中ですが、夫からこの後はマシになると進められているので、もう少しがんばります。

 

 

鬼滅の刃 嫌がっている子供には、無理に勧めないで

これ、私だけの問題だったら良いのですが、おそらくHSCのお子さんにはかなり苦しい状況なんじゃないかしらと思って、記事にしました。

お友達から「鬼滅の刃、一緒に観ようよ!」「鬼滅の刃、まだ見てないの?」と言われて、ビクビクしながら見てショックを受けたり

ご両親が、流行っているからと無理やり映画館に連れて行ったりしても、

本人は、ただただ、しんどい可能性大です。(HSC全員ではないです)

 

鬼滅の刃。みんなは楽しくても、私はきついだけ!

ひどいと、眠れなくなったり、夢に出てくることも…

HSCさん

 
 

HSCさんには、切実な問題です。

私自信、小さな頃からホラー映画がとても苦手でした。

従姉妹が連れて行ってくれた「ポルターガイスト」を見た後なんて、放心状態。(あまりの怖さに、今でも覚えているくらい・・・)

でも、親も従姉妹も「その怖さが面白いんだよ!」と言って、私の気持ちは理解してもらえず。

HSPの私には、映画の中に自分がいる感覚になので、本当にお化けに襲われている恐怖を感じてしまいます。

HSPは、作り物と、リアルの境界線が薄いのです。

当時は、自分とまわりの感じ方の違いなんて知らなかったので

 

五十嵐

まわりの人は、この恐怖を楽しめるんだ・・・

めちゃくちゃ怖がる私の感覚が変なんだ。

そう思って、自分の感覚がわからなくなり、怖いことを怖いと言えず、無理して我慢する子供になっていったのでした。

我慢強くなるだけで、怖いものは怖い

気づけば、怖いも、むかつくも、楽しいも、人とずれていた私。

ずれていることだけはわかったので、人の様子をうかがって、人に合わせることに必死になっていました。

その結果、自分の感情が信じられなくなって、大人になった頃には「自分がどうしたいかわからない」状態。

この記事を読んでくれた親御さんや、あなたには「自分の違和感」をストレートに受けとめてあげて欲しいと思っています。

みんなが好きだから。

みんなが楽しんでいるから。

だからといって、自分も同じじゃなくていいんです。とくに、HSP・HSCの方は、感じ方が違って当然。

大流行中の『鬼滅の刃』

本当は、私も乗っかりたいし、まわりの会話についていきたいという気持ちはやまやまですが、描写のえぐさを受けとめられないのは真実。

あなたのまわりに似たような人がいたら、どうかそっとしてあげてくださいね。

 

HSPについて、こちらの動画でわかりやすくお話しています。

詳しくはこちらをクリック