本当に頑張ってきたんだよね でも「お母さんのせい」をやめるのは自分なんだ

今でも覚えてるなぁ・・・小さい頃から聞かされていた、お母さんの言葉。

「これからの女性は、結婚なんてするもんじゃないわよ。 

 1人で生きていけるなら、そのほうがずっといいわよ。」

1人で生きられる女性になれ、という教育

そう、言い聞かされて育った30年…素直に、スクスクと。

甘えん坊で寂しがり屋の妹を横目に

「私は、わたし」と言い聞かせ。

社会でいう「仕事をする女」になり

心理学でいう「自立的な女性」が完成しました。

 

そして、世間でいう結婚適齢期とやらを過ぎた頃。

母親の意見がコロッと変わった

久しぶりに帰省して、母と一緒にお茶をすすっていたある日。

「やっぱりねぇ、1人で生きて行くのは難しいから、結婚くらいしたほうがいいわよ。 

 子供もいないと寂しいわよ。

 お母さん、カオルとあの子(妹)がいてよかったと思うもの。」

えーーー・・・

あのーーー・・・

あれ、あの言葉は?

ほら、「女性は1人で・・・」っていうやつ。

結構一生懸命、お母さんのおすすめな人生を歩いてきたつもりなんだけど。。。

五十嵐

今さら結婚とか?

そういう感じにカスタマイズされてませんけど私。

この仕様はあなた(母親)がお決めになったはずでは?!

気づけばまわりの友達は結婚し、

自分はどうやら一生いまの仕事をするのは無理っぽいと確信し、この人生どうしてうれようかと悩み始めていた矢先に

母親
まだ結婚しないの?

トドメのような母親の言葉。

何かがガラガラと崩れて行きました。

 

母親
お母さん、あれが欲しい~!

無邪気に指差した先には、若い女性がだっこしている可愛い赤ちゃん。

五十嵐

・・・・・

プライスレスとか無理。

必死で働くからお金で変えるものにして。。。

結婚できないのはお母さんのせい?

そんな親のコロコロ変わる言動に振り回され、「お母さんのせいだよ!」と悪態をつき、何度ちゃぶ台をひっくり返したことか(気分)

 

・・・でも。

 

逆を返せば、

自分の進む道がうまくいかなかった時に「お母さんのせい」にしてきたのも確か。

 

 

 

上手くいかないことや、変な思い込みを全部、「誰かのせい」にしている間に、時間は流れて行ってしまう。

手の中からサラサラと流れ落ちる砂のように「誰も止めてくれない」から、すくい直すこともできず。

 

 

私が上手くいかないのは「○○のせい」

でも、いま選択しているのは「自分」

ということは、やり方を変えられるのも「自分」

 

「○○のせい」をやめて、選択を変えてみると・・・ 

 何かが、変わりそうだと思いませんか?

 

職場の人間関係・恋愛が上手くいかない・わかってもらえない・人には言いにくい家族の悩み…

自信がなくて、心配ごとで頭がいっぱいになってしまうけど、まわりからは「考えすぎ」と言われてしまう。
そんな経験ありませんか?


もしかしたらあなたは、ただの考えすぎではなく「ある心の特徴」をもっているからこんなにも苦しんでいるのかもしれません。

 

✅自分のミスや、小さな失言のたびに、自分を責めたり、否定しがち

✅大人数の集まりや飲み会が苦手。うちとけられない気がする

✅相手が不機嫌だったり、怒っていたり、上機嫌だったりすると、自分の気持ちも影響される
✅LINEやメールの返信のタイミング、文章の雰囲気で、相手の本音がなんとなくわかる
✅小さな頃から、親の言葉の影響が大きかった


この項目に当てはまる数が多ければ、あなたは周りの雰囲気を敏感に読み取ってしまう鋭い感覚(HSP)の持ち主である可能性が大です。

 

HSPの方は、他の人と同じようなカウンセリング・コーチングなどの自己啓発では上手くいかず、返って心が疲れてしまうこともあるんですよ。

 

もうそろそろ、頑張るのは辞めませんか。

 

 

心理学を学ぶのをやめて、ほんの少し視点を変えるだけで

人間関係が変わり、想像以上の自分になれます♪  

 

 

自分に合った方法が知りたい方は

無料のこちらをクリック。

 

※個別セッションは現在満席です。

この記事を書いた人

五十嵐 かおる

五十嵐 かおる

自分が輝ける人生の見つけ方をナビゲートします。宮古島に移住したカウンセラー・セラピスト。
前職はゼネコンで建築設計を担当。落ちこぼれでまわりと馴染めず、人間関係も上手くいかないOL時代を過ごしました。心理学に出会って学んだことを実践しながら、じわじわと周りが変わり効果を実感。
2008年からプロとして活動開始。日本全国、海外も含め2500名以上のお客様に寄り添いサポートしてきました。自分自身も結果を出し続け、気づけば交際ゼロ日で優しい夫と結婚。大好きな宮古島へ移住する夢も叶えました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします