女性のライフスタイルは【長期プラン】が成功のカギ

Aさん
昨年退職して一年近く経つというのに、全然進展がないんです。 そろそろ目的地を見つけて、エネルギーを注ぎたいのですが…

自分以外の人たちはあたり前のように仕事をしていて、砂時計が落ちるように時間はサラサラと過ぎていく。   自分の人生はなんだか腰が重く、前に進めていないと感じる時。

Aさん
私だけ、何もできていない・・・

とくに休職中や、就活中ってなんとも言えない焦りを感じます。

産休中や、子育て中のママさんも、社会から置いてきぼりにされた不安を感じる方もいらっしゃいます。

五十嵐
妊娠、出産、子育てって、会社勤め以上に価値があって、ママさん自身も成長できる時間だと思っています。

女性には人生の「レール」がある?

女性って、小学校、中学校、高校を卒業して、流されるように受験を頑張って、短大か大学を卒業して。 まわりと同じように就職して、ガラリと変わる社会という環境に慣れるのに必死であっという間に20代も半ば。やっと仕事を覚え始めたと思ったら・・・

まわりはもう、結婚し始めてる!

遅れを取らないようにと、今度は婚活。傷ついたり、うんざりしたりと、紆余曲折ありながらも、なんとかパートナーと巡り合って

ゴールイン!

・・・と思ったら、今度は妊活・出産・子育て。毎日に追われていたら、まわりから「2人目は?」と聞かれたりして。

 

「レール」にはタイムリミットがある?

女性って20代〜アラフォーまで、次から次へとやることが目白押しなんですよね。

しかも、焦る理由は世間体だけじゃなくて、女性の体には多少なりともタイムリミットが存在するからなんですよね。だからこそ レールから外れないよう、 リミットに間に合うようにと、 いつも何かに向かって走っているような感じがしてしまうのです。

 

五十嵐
なんだか、めまぐるしい・・・

 

薄々感じていた人、私だけじゃありませんよね。 (人生途中で思いきり脱線&遅延している五十嵐ですが。)

ある意味では女性って、あたり前のように人生の「レール」が用意されているから、その通りに進めたら「正解」みたいな、わかりやすいお手本になっているのかもしれません。でもそこから外れようとした瞬間に、漠然とした不安が襲ってくるんです。 全員が「レール」通りに進めたら幸せを感じられるかと言ったら、そうではない。同じ女性だからと言っても、心まで同じとは限らないんですよね

その結果、心の奥にある本音を「見て見ぬ振り」したり、「気づかないまま」進んで、途中で苦しくなってしまうのです。

  • 思いっきり仕事のスキルを伸ばしたい
  • キャリアアップの転職にチャレンジしたい
  • 興味の分野の大学に入り直したい
  • 海外に飛び出して世界を広げたい
  • 自分でビジネスを始めたい
  • 趣味に没頭して発信したい
  • 知らない土地で新しい世界を見てみたい

転職・転勤・出張・留学・進学・独立・離婚・逃避もしたいけど

けど、けど、けど・・・

 

いまの欲求のためだけに1年使うことすら、気が引ける。

 

Aさん
だって、30歳までには、結婚しなきゃだし。。。

 

人生の「レール」を考えると、1年や2年かかることにリスクを感じて目をつむってしまいがちです。早く誰かと出会わなきゃ、おつきあいして、プロポーズされるには時間がかかるから早く準備しなきゃって。

でも「レール」って、計画通りに進められることではありませんよね。相手がいないと始まらないし、2人で歩いて行くはずの道を1人で決めたところで、相手に賛成してもらえるとは限りません。

それでも。

自分の本音を押し殺してまで「レール」に沿って進むことを大切にしたいでしょうか?

 

どこにつながっているかわからない、計画取りに進められるかわからない「レール」にしがみつくよりも、

あなたが心から望む人生を

進んでみたいと思いませんか?

 

資格取得に2年かかっても、地方への転勤が3年になっても、留学・進学に4年必要でも、やりたいなら、気になるなら、タイムリミットに怯えることなく

長期プランでも、やりたいことに向かう人生をおすすめしたいのです。

 

同じ年月でも、使い方次第で結果は全然違ってきます。

Aさん
やりたいことはあるけど、3年もかかるから・・・

仮に3年間。 尻込みしながら、空白の時間をモヤモヤと過ごして後悔してもいいでしょうか。それよりもワクワクしながら、長期プランで自分を磨いたほうが満足度は高いですよね。しかも充実している時って、気持ちも表情も年をとりません。 もし素敵なパートナーと出会いたいなら、自分自身はどちらの生き方をしていたほうが魅力的に見えるか一目瞭然ですよね。

 

  • 義務感で黙々と働いて
  • アラサー越えて単身で宮古島に移住して生きる楽しさを知り
  • アラフォーで結婚した五十嵐が

身をもって経験したからこそ、言える結果です。

OLさんも、ママさんも 「今は忙しくてそれどころじゃない」 という人、たくさんいらっしゃいます。でももし、心に引っかかっていることがあるなら。

すぐに始められなくても、年単位の人生の長期プランを立てることをオススメします。

「やってもいいんだ!」

「できるかもしれない♪」

これに気づくだけで現実の見え方も、行動も変わってきます。目が「キランっ」て輝いて、考えるだけでワクワクして、人生が色鮮やかに見えてくるのですよ!

 

五十嵐
カウンセリング中に、お客様の目の輝きが変わる瞬間があるのです!

 

そうすると、、、   諦めかけていた出会いや結婚、人生のミラクルが自然と舞い込んでくるという「一石二鳥」の効果まであった!なんて嬉しいオマケも付いてくるかもしれません。

長い目で自分の人生を考えるためには、1年や2年、立ち止まったり悩むのは全然アリです。2年後のことを数日間で決めるなんて、できなくてあたり前なんです。だからこそ、日頃から人生を長期プランで考えるスタイルを持ってくださいね。

あなたには、「まわりが喜ぶ生き方」よりも

「自分が納得できる長期プラン」を見つけて欲しいのです。

 

「長期プラン」が苦手な人にオススメ

とは言っても「長期プランを立てる」って苦手な女性が多いのですよね・・・

 

五十嵐

私も若い頃は、毎月のお給料と友達との約束しか見えなかった頃があります。

そんな私がどうして人生の長期プランを立てられるようになったかというと、建築設計という仕事を通して上司や現場で叩き込まれたからなんです。

大きな建物を建てるには、水面下では1年〜数年のプランを練らなければなりません。しかもお客様や、他部署、他業種との連携も必要。さらには途中で状況の変更やトラブルがある度に、また練り直しです。

建築現場の「工程計画」という長期プランに鍛えられたおかげで、それぞれの過程が密接して、順番通りにこなすプランが立てられるようになりました。

 

長期プランを立てるって、ひとつのことだけに着目していたら成り立ちません。

例えばゴール設定を「留学」に決めたら、日本を発つ日から逆算してやることがてんこ盛りです。退職の相談、引き継ぎ、挨拶、同時に留学先の国を決めて、学校を調べて、費用を比較して住むところを決めたら、今住んでいる部屋の解約、荷造り・・・気が遠くなるかもしれませんが、これらを並行してプランニングしてこそ、夢は現実に変わります。

ところが女性の場合「留学」することを決めるまではできても、なかなか次にやることのイメージがわかないのです。

「やりたいことはあるけど、何から手をつけていいのやら・・・」何もできないまま、時間だけが経ってしまったことないでしょうか。

 

五十嵐のカウンセリングでは「自分の本音に気づく」「やりたいことを決める」「ワクワクする」だけで終わりではありません。決めた後に、何から手をつけていいのか、どんな順番で、何が必要なのかまで、実践的なことまで掘り下げてお話していきます。

これこそ「夢」を「現実」にググッと近づけるために、必要なことなのです。

「癒された」「いい気分になれた」だけで終わらずに「結果が出る」と言われる理由はここにあります。

本気で変わりたい方、今度こそ進みたい方、プロのサポートを使って「初めの1歩」を踏み出してみませんか。動きだしさえすれば、未来はあなたのものですよ!


似たようなケースでも、人によって理由は違います。五十嵐の場合は、お客様の状況をじっくり聞いてから、問題の根っこから紐解いていくオーダーメイドのようなカウンセリングです。
五十嵐
ニュースレターにご登録いただくと、新しい記事や、読者様限定のお知らせを受け取ることができます♪

愛も仕事も引寄せる《アイランドカウンセリング》ニュースレター
姓名必須 (姓)  (名)
メールアドレス 必須

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

五十嵐 かおる

五十嵐 かおる

愛も仕事も引き寄せる。宮古島在住のカウンセラー。都内でキャリアOLを目指すも挫折し、人間関係がつらかったOL時代に心理学に出会いました。実践するほどに自身の人間関係がみるみる変わって行くのを実感。2008年からプロとして活動開始、日本全国、海外も含め2000名以上のお客様に寄り添いサポート。持ち前のインスピレーションと「話しやすい」「目からウロコ」経験豊富なカウンセリングは「人生が変わった!」とリピーター続出。2018年に引寄せで夢を叶え、夫婦で宮古島へ移住。お客様ご自身が望むよりも一歩先の未来へナビゲートいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします