愛も仕事も引寄せる〜ワンランク上の自立女子へ〜

怒りを我慢しがちな人へ 溜まると爆発して止まらないのはなぜ?

  
\ この記事を共有 /
怒りを我慢しがちな人へ 溜まると爆発して止まらないのはなぜ?

今回は 怒りを我慢しがちな人、しかも怒りが溜まりに溜まると爆発して止まらなくなったことがある人に向けてお話したいと思います。HSP全員に当てはまるわけではない。当てはまる人だけ参考にしてもらえたら嬉しいです。

怒ることが苦手。我慢しがち

HSPだからとは限らないかもしれませんが、私は怒るとか、反論することが苦手だなーって感じています。

あ、ちなみにめちゃ怒ると顔とか態度に出るので、相手にはばれてるみたいですけどね。

五十嵐

一応、自分としてはできるだけ、穏便に、相手を怒らせずに、丸く収めたい。
そのためなら、ちょっとおかしいなー、違うんじゃないかなー、と思っても、自分の意見を飲み込んでニコニコっと相手の意見に合わせる方を選ぶ。

これ、反射的にやっているので、その瞬間は「我慢をした」っていう自覚がないんです。

特に、恋愛では顕著に現れます。

彼に対して、自覚なく我慢を続けたり、モヤっとしても言わないことを選択し続けているとどうなるか?

いきなり爆発するんです。

五十嵐

我慢、我慢、ガマンを繰り返して…げんかーい!ってなった時に、もう別れを決意して言いたいことをぶちまける!これが私の怒り方でした。

例えば、

「彼が他の女性とLINEしてるっぽい、でも言えない」
「この前の行動も怪しかった、でも聞けない」
「週末、一緒に過ごしたかったのに、勝手に予定をいれていた、寂しいけど笑ってOKした」
「今日も約束していたのに、待ち合わせに1時間も遅れてきた…」

さんざん溜まった上で、臨界点に達したのがたまたま「待ち合わせに遅れてきた」ということ。この順番がバラバラでも関係ありません。

問題は「臨界点」。我慢の限界に達した時、自分は爆発するんです。

待ち合わせに遅れてきただけなのに、どうしてそんなに怒ってるの?

 

彼は、予想以上の私の怒りにただただ、びっくりです。

あなたはどうでしょうか?

私は20代はほぼ、このやり方で彼にブチ切れていました。

五十嵐

ブチ切れて台無しにしないために

だんだん大人になってくると、自分の「怒り方」の傾向に気づきます。

いきなりブチ切れるのはもうやめたい…

 

どうすればいいのか?

一言でいうと、自分のモヤモヤに敏感になろうということです。

「怒りを我慢」と言ってきましたが、本人は「我慢している自覚がない」のです。だから対処の前にまずは、自分の「怒りに敏感」になる練習が必要になってきます。

まぁ、筋トレです。

五十嵐

そういうの、好きじゃないでしょ。すぐに変われるやり方が知りたいでしょ。
残念ながら、私はその答えを持っていないんです。

ただ、心の筋トレをすれば少しずつ変わることはできます。

このことについて先週、受講生にもお話しましたが、

まず「モヤモヤしたことを書き留める」練習をしてみてください。

書く理由は、自分のモヤモヤをスルーしないで、心で感じる練習です。

モヤモヤをスルーしても、次の日になれば軽くなりはするんですが、心はそんなに単純ではありません。
しっかりと、静かに記憶してるんです。

怖いでしょ。

五十嵐

だから逆に、よくプリプリと怒ってる人は、怒りっぽいと思われるかもしれませんが、溜めないんです。

怒りを便秘に例えてみる

うーん、これは怒りを便に例えるとわかりやすいかもしれません。(食事中の方ゴメンナサイ)

いつもプリプリと少しずつ怒ってる人は、便通がいい人と同じです。
溜めないので、お腹もお尻も痛くないし、匂いもキツくないです。

逆に、怒りを溜めて、溜めて、ある時に爆発する人は、ひどい便秘の人と同じです。
便を溜めるとお腹もお尻も痛くなるし、匂いもキツいです。お肌にも良くないです。
溜めている間は、お腹に豊満間と言うか、違和感がありますよね。怒りもそんなイメージです。

怒りの快便と便秘、どちらがいいか?
答えは簡単、快便の方が自分にも、相手にもダメージ少ないですよね。

怒ることが怖い。傷つけそう

中には「怒ることが怖い」「相手を傷つけてしまいそうでいやだ」と言う人もいますが、「怒り」って小さいうちなら怖くないし、相手を傷つけることも少ないです。
その理由は「怒り」が小さいうちは、ただの要望だったり、意見だからです。

だからといって、いきなり相手に自分の怒りをぶつけるのはハードルが高いと思うので、練習として書き留めてみてほしいのです。

なぜ言いたいことが言えないのか?

「なぜ自分は言いたいことがうまく言えないのか?」
「怒るのが苦手なのか?」

という質問も頂きますが、これ、自分がコミュ障だとか、話が下手とか、自分のコミュニケーション力のなさを責める必要はないなって思っています。

全てのケースではありませんが、親御さんや、家族が、自分の声に耳を傾けてくれなかったという可能性が考えられるからです。

これは、私の場合ですが、うちでは、自分の意見を言うと父親が劣化の如く怒鳴る人だったので、言っても無駄だと口をつぐむようになりました。
また母親は、私が姉妹喧嘩でどんなに悪くなくても、全く聞かずに妹の肩を持つ人なので、これまた言っても無駄な環境でした。

妹からいきなり攻撃されても、全て私のせいでした。

五十嵐

だからと言って、親も過去も変えることはできませんので、気づいた時から自分で修正していくしかないんですよね。
でも練習すれば、今よりはずっとラクになっていきますので、良かったら試してみてくださいね。

まとめ

今日は怒りを我慢しがちで溜まると爆発して止まらない人に向けてにお話しました。
自分の怒りをメモして、気づけるようになった方には、次のステップを紹介しています。
怒りを落ち着かせて伝える練習もありますので、興味のある人は体験セッションで質問してみてくださいね。

人生の流れを変えるプログラムでは、心理学を学びながら自分に必要な内容はさらに詳しく身につけることができます。
怒りの扱い方をマスターした方は、イライラやモヤモヤが減って、すごく楽になった!と言う声もいただいています。

興味のある方はぜひ、体験セッションを利用してみてください。

音声動画でも配信しています。よかったら2倍速で聞き流してくださいね。

Copyright©人生の流れを変える,2022All Rights Reserved.