休み明け「仕事に行きたくないなぁ」をワクワクに変える方法

お盆やゴールデンウィーク最終日、こんなふうに思うことはないでしょうか。

明日から仕事に行くのダルいなぁ・・・

連休が楽しければ楽しいほど「もっとお休みが続けばいいのに」と明日が重く感じます。早起きして、身支度して、電車に乗ってしまえばいつもの仕事が始まるのはわかっているのに、心のどこかで抵抗したい自分もいる。。。

お休みが楽しかったのはいいことですが、連休最終日もワクワクした気分で明日を迎えられるよう、気持ちを切り替えるアドバイスをお伝えします。

やらされていると思うとしんどい

明日はたまった書類を片付けて、午後から会議、上司の機嫌はどうだろう。連休明けの仕事を考えただけで、まるで何か大きなお化けがのしかかってくるような重さを感じてしまいます。書類を片付けないといけない、会議に出ないといけない、上司のご機嫌をとらなきゃいけない。やらなきゃいけない仕事、やらされている仕事って「自分の意思」ではないので、無機質でつまらなく感じやすいのです。

自分でトライする「ゲーム」にしてみる

同じ仕事でも、考え方を変えるだけで今よりずっとワクワクできる方法もあるんですよ。仕事を変えるわけでも、サボって遊びに行こうという話でもありません。変えるのは、今まで「仕事」だと思っていたことを「ゲーム」に仕立て上げるだけ。

やり方は簡単、自分の中でトライすることを決めるんです。いくつか例をあげてご紹介しますね。

  • 書類を最速で片付けるタイムアタック
  • 誰よりも早く電話に出るチャレンジ
  • メールをわかりやすくフォルダ分けするこだわり
  • 企画書を誰かへのラブレターだと思って書いてみる
  • ホテルのコンシェルジェになった気分でお客様対応
  • 話しかける相手を決めて「本日のターゲット」と名付けて狙ってみる

人間関係も、考え方次第で面白くできる

仕事への姿勢だけでなく、人間関係も相手の反応をモロに受けるよりも、一歩ひいて「ゲーム」だと思うと気持ちもグッとらくになりますよ。

  • キャバ嬢になった気分で上司を喜ばせて遊ぶ
  • 意地悪なお局の心理分析ごっこをして、プライベートを予想してみる
  • 後輩たちを年下だと思わず、友達目線になって最近の情報を教えてもらう

メイクを意味もなく入念にしてみる、ヘアスタイルやネイルこだわって遊んでみる、などもオススメです。

何かひとつでも「やってみよう!」と思えると、明日がちょっぴり楽しみになってきませんか。「受け身」の仕事から「攻め」の仕事へ。業績をあげるとか、結果を出すことだけが「攻め」ではないんです。

やらされている感から抜け出して「自分の意思」でやることを作ってみる。これだけで気持ちも変わってきます。「今日は何して遊ぼうかなぁ♪」なんて考えながら出勤できたら、毎日の仕事も楽しくなりますよね。

それでも明日がしんどい、人間関係がうまくいかないという方は、一度カウンセリングを使ってみてくださいね。目の前のトラブルは、自分の過去とつながっている可能性もあります。その理由がわかるだけで、こんがらがった糸がほどけていくから不思議です。話すだけで、モヤモヤがすっきりと晴れて職場が楽しくなりますよ。

似たようなケースでも、人によって理由は違います。五十嵐の場合は、お客様の状況をじっくり聞いてから、問題の根っこから紐解いていくオーダーメイドのようなカウンセリングです。

 

五十嵐
ニュースレターにご登録いただくと、新しい記事や、読者様限定のお知らせを受け取ることができます♪

 

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

五十嵐 かおる

五十嵐 かおる

愛も仕事も引き寄せる。宮古島在住のカウンセラー。都内でキャリアOLを目指すも挫折し、人間関係がつらかったOL時代に心理学に出会いました。実践するほどに自身の人間関係がみるみる変わって行くのを実感。2008年からプロとして活動開始、日本全国、海外も含め2000名以上のお客様に寄り添いサポート。持ち前のインスピレーションと「話しやすい」「目からウロコ」経験豊富なカウンセリングは「人生が変わった!」とリピーター続出。2018年に引寄せで夢を叶え、夫婦で宮古島へ移住。お客様ご自身が望むよりも一歩先の未来へナビゲートいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします