自己価値を10倍上げて人生の流れを変えるHSPカウンセラー

片付け 断捨離 モノを持つ 貴重な2拠点生活で思うこと

  
\ この記事を共有 /
片付け 断捨離 モノを持つ 貴重な2拠点生活で思うこと

NHK番組【あさイチ】「共感のつらさ 調べてみた」に出演しました。

9/11 (月)NHK番組【あさイチ】「共感のつらさ 調べてみた」に出演!

独り言です。

私はもっとシンプルに暮らせるんじゃないか?と思う今日この頃。

この半年は、今住んでいる宮古島のマンションと、夫が単身赴任している埼玉の2拠点生活をしていました。

生活用品は夫のマンションに置いてあります。

埼玉のマンションにあるのは机と椅子、ベッドだけ。家電は一通りあります。

1ヶ月置きに、2週間くらい滞在してました。

その時に持って行くのは、小さめのスーツケース1つだけ。

最低限の着替えとメイク道具。

パソコンと手帳だけ。

2週間滞在しながら思ったのは、

「このまま1ヶ月、3ヶ月いても一緒だな。

 なんなら1年…いや、ずっといられる。」

ということは、宮古島にある荷物はいらない?

ほんと、極論言ったらそんな感じ。

仮住まい的な感じですが、仮住まいでも一生暮らしていけるなって。

ちょっとした不足感はあるけど、工夫次第でなんとでもなるし、求めなければ困ることはない。

モノって減らしても全然生きていける。

ホテル住まいの人たちの気持ちがわかった気がします。

持っていると安心するけど、実はなくても困らない。

それって、本当に必要なの?

ミニマリストごっこといいますか。

貴重な経験をしております。

今は埼玉と宮古島。荷物が半分ずつですが、その半分で十分なんだな。

宮古島に残しているのは、服、本、お皿、雑貨、タオル多め…

巨大なソファとダイニングテーブル。

モノは少ない方だと思っていたけど、まだまだでした。

もう少し断捨離して、引っ越したいと思います。

Copyright© 五十嵐かおる,2024All Rights Reserved.