◆続き◆お局なんて、気にしない。経験者が書く「お局撃退法」②

好評いただいた、前回の記事 お局なんて、気にしない。経験者が書く「お局撃退法」の続きです。

泣きながら帰った過去も、今なら笑って話せる

退職しても、集まれる同僚や後輩に恵まれ
今でも仲良く飲みに行ける関係の中で。

「いや~、今だから言えるけどね。

当時の〇〇さん(お局)に、

さんっざんいじめられてさ~(笑)ちょ~ムカつくわ~

 

ビール片手に軽口も叩けるようになっている。

 

それを聞いて

・・・えそんなに大変だったんですか

 

という子たちに混じって

 

・・・私も、イジメられていました

という女性が2人。。。

そう、彼女達も言えずにいたみたい。
私と同じく、普通に笑ってOL時代を過ごしていたように見えるのに。

いじめられていたのは、似ている子だった

よくよく見てみると、系統はみんな同じことがわかった。
スカートや女性らしいブラウスが好きで、メイクもしっかりするタイプ。
(そして受取下手・・・なんだけど)

私含む3人を並べてみてわかること。

要は、お局は「女っぽい服装の女性が嫌い」
なだけだったのです

心理学的に言うと「女性性が受けとれない」
彼女のとばっちりを受けただけだったということ

自分は悪くなかった

嫌な態度をとられる度に、自分を否定して責めては落ち込んでいた日々。

それは、お局の女性性に対する嫌悪を、
鏡役として引き受けていただけ
だったんです。

ちなみに自己価値がしっかりあって、
自分のことを愛せていたら、彼女の餌食にはならなかったでしょう。

常に自分のことを「責める」私だったから、
「責めたい」彼女との波長がぴったり合ってしまったのです。

あなたはきっと、悪くない。

もし、あなたが今、「嫌われてるかも?」と思う人がいたとしたら。

それは、「あなたのことが嫌い」
なのではなくて、「あなたみたいなタイプが苦手」
なだけかもしれません。

しかも原因は、本人の勝手な都合のせいによる
(トラウマや幼少期の記憶のパターン多し)

だとしたら、そんな人の態度のために

あなたが苦しむ必要なんてないと思いませんか
ないっていうか、もう、もったいないだけです

あなたの態度に悪意はない。
ちょっとくらい不器用かもしれないけど
それはすごく、相手のことを思ってるからこそ。

自分を責めないで

だからどうか、
自分を責めることは、もう、やめて欲しいんです。

相手が抱えた心の問題を

あなたの心をすり減らすことで補填したりしなくていい。

それはあくまでも相手の問題。

自分を責めるのは、ここで、終わりにしませんか。

 

あなたの愛で、救われる人は他に沢山いる。
繋がれる人も待っている。

そう思いませんか。

 

なんかよくわからないけど、
私が悪いわけじゃないんだ

そう気付いてもらえるだけでも十分です。

現実進行形で苦しんでいる人は、
これに気付くだけで、職場の人間関係がラクになると思います。

過剰に反応しないことで、相手の態度も
だんだん変わってくることが多いです。

これを読んだだけでは、心の痛みが消えない方は
ぜひ心理セラピーも使ってほしい。

私は全面的に、あなたの味方になりたいです

詳しくはこちらをクリック

 

嫉妬なんて跳ね返せるくらい
魅力的な自立女子に愛をこめて。