《告げ口》も上手に使えば、全員ハッピーに

名前

子供じゃないのに《告げ口》する人っているじゃないですか!本人のいないところで、コソコソと悪口言うなんて許せませんっ

おっしゃる通りだと思います(^^;;  《告げ口》って言う側もデメリットだらけ。「本人のいないところで、その人の評判を落とすようなことを言う人」と思われるので、周りからの信頼を無くしますよね。相手を陥れるつもりが、自分の評判が落ちてしまう・・・まぁ、大人なら誰でも知っていることだと思います。
今回は逆に、この《告げ口》を上手く使って【人間関係を円滑にする方法】をご紹介します。使いこなせたらあなたに恩恵がいっぱいやってきます♪

《告げ口》していいこと、悪いこと

《告げ口》を上手に使うには「何をネタにするか」これがとっても大切です。安心してください。分類は2つしかありませんから、すぐに使いこなせます。
  • ネタにしていいこと・・・いい評判
  • ネタにしてはいけないこと・・・悪い評判
簡単ですよね(^^;; これだけ覚えていればOKです!
「○○さんて、  仕事の細かいところにまで気配りしてるんです」
「▲▲さんは、いつも周りのことを考えて動いてくれるんです」
「○○課長が、頑張ってるって褒めてたよ」
「▲▲部長が、資料がわかりやすいって喜んでたよ」
本人がいないところで、誰かの「いい評判」を話したり、間接的に聞いた「褒め言葉」を伝えてあげる。これを聞いて嫌な気持ちになる人はいませんよね。とくに男性は面と向かって褒めたり、いい評価を伝えることが苦手な人が多いですから、あなたが間に入って《いい告げ口》をしてあげることをおすすめします。

直接言われるより、なぜか嬉しい♪

人って不思議なもので、直接「頑張ってるね」「優しいね」「可愛いね」ってほめられるよりも、間接的に「〜って言ってたよ」と聞く方が嬉しいもの。あなたも聞いて嬉しかった記憶がないでしょうか。

その理由は、面と向かって言われても「お世辞かもしれない」と素直に受け取りにくいから。でも、自分がいないところで言われていたら、お世辞ではないって思えますものね。これも《いい告げ口》のメリットです。

自分にもメリットがたくさん

「自分が間に入って2人が喜んだところで、私には関係ないし・・・」なんて思わないでくださいね。人は「自分を喜ばせてくれる相手」に自然といい印象を抱きます。ということは、間に入って2人を喜ばせたあなたにもメリットがあるというわけ。さらに相手は、あなたの言葉ではないのに、あなたから褒められたような気分にもなってくれるんですよ♪

まとめ

こんなにメリットのある《いい告げ口》使わない手はありません。頑固であまり褒めない上司の部下や、自信のない新人君など、あなたの気遣いでぜひ笑顔にしてあげてくださいね。

似たようなケースでも、人によって理由は違います。五十嵐の場合は、お客様の状況をじっくり聞いてから、問題の根っこから紐解いていくオーダーメイドのようなカウンセリングです。

 

五十嵐
ニュースレターにご登録いただくと、新しい記事や、読者様限定のお知らせを受け取ることができます♪

 

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

五十嵐 かおる

五十嵐 かおる

愛も仕事も引き寄せる。宮古島在住のカウンセラー。都内でキャリアOLを目指すも挫折し、人間関係がつらかったOL時代に心理学に出会いました。実践するほどに自身の人間関係がみるみる変わって行くのを実感。2008年からプロとして活動開始、日本全国、海外も含め2000名以上のお客様に寄り添いサポート。持ち前のインスピレーションと「話しやすい」「目からウロコ」経験豊富なカウンセリングは「人生が変わった!」とリピーター続出。2018年に引寄せで夢を叶え、夫婦で宮古島へ移住。お客様ご自身が望むよりも一歩先の未来へナビゲートいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします