決められないのは、私だけじゃなかった。

前回の記事、【自由になる方法】。

実は、メルマガで書いて反響が大きかったメッセージです。

あなたは、どのように感じてくれたでしょうか。「刺さった」「ハッとした」感想を寄せてくれた読者様の声をご紹介します。

「自分だけじゃないんだ」「みんな、思うことがあったんだ」ご自身に重ねながら読んでみてくださいね。 

五十嵐

🔻記事はこちらです。刺激が強いので注意してくださいね。

私も、どこか人にきめて欲しかった。

メルマガ読みました。
「自分で決める。」
心に刺さりました。
私、どこかで、夢見る夢子ちゃんだったみたいです。
だって、私、普通じゃないし、皆と同じは退屈するし・・・。
このメルマガで目が覚めました!
かおるさん、ありがとう。 

昨日のメルマガ読みました!すごく刺さりました。
特に、誰かが何とかしてくれるって淡い期待をしてるところとか。。
自分で決めたいけど、誰かに決めてもらった方がいいんじゃないかって思いっきり思ってました。

彼氏がいなかったら終わりだ。とも思ってたなぁと、思いました。
そんなことないですよね。普通に考えて。。
めちゃめちゃ依存してたなぁーと思いました。 

読んでちょっと泣いてしまいました(感動の方)。やっぱり自分で決めて動かなきゃだよねーと改めて胸に留め。

そして、翌日もう一度読んでまたちょっと泣いて(悲しい方)、こんなに何度も決めて手放してきたはずなのに、まだ足りないのかと少しへこみ。これまで頑張ってきた自分を褒めて、やや持ち直したところです。 

自分に向き合っているからこそ、わかる

今回、反響が大きかったのは、心理学上級者さんたちでした。

 

 え?上級者さんなら、わかっているのでは?

そう思いますよね。

実は逆で、このメッセージの意味の深さは、日頃から自分と向き合う考え方ができていないとわからないのです。。

 

 自分で決めるって、普通にしてるけど…

それが、一般的な考え方です。

ところが、人生の節目節目で、自分は何をやりたいのか?どこへ進みたいのか?について考え、悩み、迷ったことがある人だけ「選択する方法」についても向き合ったことがあるのです。この時・・・

  • 自分でがっつり決めたのか?
  • どこか、他人や状況せいにしていなかったか?
  • 誰かに依存していなかったか?
決断した方法は、本当に自分が決めたのか?本音なのか?

が問われます。「あの時、私は…」過去を真摯に受けとめ、今後に活かそうと思いながら読んでくれた上級者さんからの感想をご紹介しました。

私も同じ気持ちだった

「私も記事を読んで、同じ気持ちだった…」

そう感じてくれるなら、あなたも自分と向き合いながら生きている証拠。立派な上級者さんです。

原因に気づいた時、問題は半分解決していると言います。何か心に響くものがあったとしたら、時々読み返して、自分の選択を見比べてみてください。

自分で、決める。 

自分の選択に責任が持てるようになった時から、あなたの人生の流れはどんどん変わっていきます。

感想をいただいた皆様、ありがとうございました!

五十嵐が文章を書く励みになります! 

五十嵐

メルマガでは、あなたに向けたメッセージを発信しています。ブログには載せない内容も多いので、お見逃しなく。