直感てなに?感覚と気分を理解しないと、イタイ人になるかも。

あなたは、「直感」を大切にしていますか?

五十嵐

「直感」に従って生きると幸せになれるって、聞いたことがありますか?

五十嵐は「直感」も大切だと思いますが、「直感」だけで生きるのは、キケンだとも思っています。

 

直感を大切にするってどういうこと?

お客様から質問をいただきました。

 

直感を大切にするって言われるんですが…

それって、やりたいも、やりたくないも、直感に従うということですか?

いい質問ありがとうございます。

五十嵐

まず、「やりたい」という直感はできるだけ大切にして欲しいなって思います。

すぐには叶わないことでも、一歩でも近づく方法とか、視点や、やり方を変えて似たようなことをやってみるとかもOKです。

「やりたくない」も直感?

で、問題になってくるのが「やりたくないこと」についてです。

「やりたくないこと」と直感を結びつけて考えると、こういうことが起きます。

・今日は会社に行きたくないから行かないー

・友達の約束、めんどうだからドタキャンするー

・支払いたくない気分だから、延滞するー

・裏切られた元彼は、運命だったはずー

これで、いい人生が遅れると思いますか?

五十嵐

結構・・・イタイ方向に向かうと思うんですけど。汗

 

ちなみに、直感というよりも、これらは「気分」ですよね。

注意
※直感とか気分とか関係なく

  • 仕事に行くのが苦しい
  • 夫や彼氏との関係がしんどい

というなら、早急に逃げるか解決策を考えることをお勧めします。

 

直感のようなものに注意!

はい、直感に話を戻します。

知っておいて欲しいのは「直感のようなもの」の中には

  • 自分のエゴや経験、
  • 思い込みも紛れこんでいる

ということ。

 

もし、自分が直感だと思っても、ただの勘違い、ということはたくさんあるのです。

 

やたら「直感だよ!」と言う人がよくいるなぁと思っていて…

 

いますねぇ、確かに。

五十嵐

特に、スピリチュアル大好きな上に、地に足がついていない方は、このへんをゴチャマゼにしてる方もいるみたいです。

直感の正体とは?

直感は存在すると思うし、仮になんらかのメッセージ性があったとしても、です。

感じることの全てが、直感だとはかぎりません。

 

私たちは日々、思考しています。

それが直感なのか、脳の言い訳なのか、経験からくるものなのか?

 

あなたは、それらを区別することができますか?

私は、難しいと思います。

 

なぜなら、

  • 脳はあまりにも複雑にできている上
  • 記憶をすり替えたり間違えたり
  • 欲に翻弄されたり
  • 簡単に騙される作りになっているから。

 

さらに脳は、好き!とか、嫌い!を簡単に感じます。でも、それがどうしてなのかを、深掘りして認識するすることは疲れる作業になります。

なぜなら、そのほうが脳に負荷がかかり、エネルギーを使うからです。

なので、考えることが面倒な人ほど、感情だけで判断しがちなのです。

 

現実的な話、

  • 自分の経験値と
  • 自己分析を交えることで

精度を上げることはできます。

 

参考にした本

イラスト図解 脳とココロのしくみ入門

こちらから一部引用しています。

 

というわけで、今日お伝えしたかったこと。

直感にこだわりすぎなくてOKです。

ただ、「やりたいこと」には素直になりましょう。

 

追 記

もし、総理大臣が直感に従って

「オリンピックやりたくない気分だから中止ー」

って言ったら、大変なことになりますよね。

日本にも菅さんにも全然、いいことありません。

多分、IOCに巨額な損害賠償を支払う羽目になります。

気分と直感は、全然違います。