コロナで事務職の転職ができない?!他に経験はないし、どうすれば?

 

もうすぐ派遣の契約期限が切れますが、コロナで転職先が決まりません。

事務職の正社員を希望して、人材紹介会社の求人案件に応募中ですが、とにかく書類選考が通らないんです。

都内在住、45歳の女性からのご相談です。

100件応募して面接まで至ったのはたったの2件。若い時に比べて、最初の壁が高くて苦戦していているそうです。

新型コロナの影響で事務の仕事を失った方、もしくは失いそうで不安な方へ。

学生の頃からバイト掛け持ちして自立、就職氷河期を経験した五十嵐だったら…という視点で、転職活動のアドバイスをさせていただきます。

コロナ禍での転職で大切なこと

今回は、心理セラピストとしてではなく私個人の意見も含めてお話します。

五十嵐

いつもの心理セラピーだったら

「目標を明確にして、好きなことをやりましょう!」

と言うこともできたのですが、コロナ禍の今は非常事態です。

こんな時こそ、地に足をつけて乗り越えることが大切だと思っています。

誰も経験したことのない状況下でまったく、先が読めません。

まず考えたいこととして、大変なのは仕事を探す側だけでなく、従業員を雇う側にとっても、大きな不安と問題が山積みだということ。

コロナ禍で倒産している業種もある

飲食店・観光業・サービス業・アパレル…etc

いまや多くの会社が倒産していますし、ギリギリまで耐えていた会社もこの状況が続けば、さらに倒れていくかもしれません。

 

例えば・・・

レストラン1件が倒産したとしたら、レストラン業に関係する業種も影響を受けます。

どんな業種が関係していると思いますか?

一度考えてみてくださいね。

五十嵐

影響を受ける業種

・食材を卸していた会社の仕事が減り

・食材を運んでいた物流会社の仕事が減り

・食材を生産していた農家さんへの受注が減り…

こんなふうに、レストランが1件倒れたただけで、複数の業種が影響を受けます。

 

他にも、食器・おしぼりに割り箸・清掃業者・飲料メーカー・場所を貸していた不動産業者…

挙げたらキリがありません。不況って、こうやって連鎖していくんです(><

経営が厳しい中で、少しでも経費を減らして、なんとか倒産だけは避けたいと思った時に、真っ先に浮かぶのが「人件費」です。

営業職や専門性の高い技術職には代わりが見つかりにくいですが、希望者の多い「事務職」は真っ先に人員削減の候補にされてしまいます。

 

しかも、流行りのAIやパソコンソフトを導入することで、事務職の領域を減らしやすくなっているのも確かです。

さらに、慣れないリモートワークで、社内の仕事をまわすのが手一杯で、退職者が出ても引継ぎを考えている余裕はないと思います。

さらに、経済的な不安から退職する人も減っているはずです。

 

さらに、心苦しいですが・・・

相談者様がおっしゃる通り「年齢の壁」も存在します。

ただでさえ、狭き門になっている転職市場で年齢は、わかりやすい「審査基準」に使われてしまいます(T T。

 

とにかく、苦しいのは「今だけ」ということ

たいぶ不安をあおってしまい、ごめんなさい。お伝えしたいのは、相談者様のスキルとは全く関係ないことが原因になっているということです。

頑張って転職活動をしても「面接までたどりつかない」のはコロナ禍の今だけのはず。

どうか悲観的になりすぎないでください。

あなただけが「ダメ」と言われているわけではないのです。

五十嵐

コロナ禍の転職活動で重要なこと

大前提として考えて欲しいのは、「緊急事態」という意識を持つことです。

1.まずは、何が一番重要なのか?を決めます。

この中であなたにとって、いま現在、一番重要なことは何でしょうか?

・正社員

・事務職

・収入

もし「事務職」が重要で、貯金もそれなりにあるなら、このまま転職活動を続けていいと思います。

2.いまは「収入」が重要!だとしたら

とにかく「収入」を確保したい!のであれば、こちらを試してみてください。

やること
・事務職以外の「未経験OK」の仕事も、どんどん視野に入れます。

・ネット上にある人材紹介会社に片っ端から登録します。

おそらく、一括登録できるサイトがあるので、それをフル活用します。

・毎日、もしくは毎週、ハローワークに通います。無理ならネットで検索します。

人材会社には出ていない仕事に出会える可能性があります。

・家賃が高いなら、安いところに引っ越します。

どれも、行動するためのスキルは必要ないですよね?

これらを本気でやったら、たいていの方は仕事が見つかると思います。

コロナが落ち着いたら、また事務職を探しましょう。もしかしたら、新しい仕事にやりがいを見出せるかもしれません!

五十嵐

それでももし、仕事が見つからないなら・・・

やれることは全部やった。でも、どうしても仕事が見つからないのであれば・・・

バイトかけもちしながら、とにかく生き延びます!

五十嵐

この長文ブログを見つけて、ここまで読んでくださったあなたなら、日本中の全ての会社から断られることはないと思います。

世の中の経済が回り続けるかぎり「転職先が1件もない!」なんてことはないですよね。

コロナのおかげで、夢を叶えた女性の話

今までずっと、飲食関係に勤務していた女性。コロナ禍でお客様が来なくなり、仕事が減り、今後が不安になったので、コロナの影響を受けにくい仕事を探し始めました。

それが、若い頃に経験のあった「事務職」です。

でも、何社受けても受からず。落ち込んでいた時に、私から「事務職は、縁がないみたいですね。それよりも、ずっとやりたかったことをやるのはどうですか?」とアドバイスをしたところ、一念発起。

たった、半年で夢だった「パン作り講師」としてデビューされました!

まとめ

「コロナ禍の転職活動」

あまりにも現実的すぎて、夢も希望もない話かもしれません。でも、考え方によっては未経験の仕事でも「自分から楽しむ」ことができれば天職に変わる可能性だって秘めてるんです。今の仕事を天職にする方法は、個別セッションでアドバイスができます。

もしかしたら、コロナのおかげで出会った新しい仕事が、未来の扉を開いてくれるかもしれません♪

非常事態の今は「視野を広げて、こだわりを捨てて生き延びる」これが重要です。

何が正解かもわからない時は、状況に合わせて柔軟に生きていくことが、人生を豊かにする秘訣だと思っています(^^

 

相談者様の転職先が、無事見つかることを祈っています。

五十嵐