HSP ジムでも人目が気になる。でも行きたい。

HSPさんおすすめの本
「敏感」にもほどがある 高橋 敦 (著)

HSPの作者が、自分の日常を4コマ漫画で表現。ビクビクしながら一笑懸命生きる、本人しかわからない独特の世界観に共感ポイント盛りだくさんの1冊。お客様から教えていただきました♪

あなたは、ジムに行っていますか?多くの人が申し込んでも、なかなか続かないジム。理由はいろいろありますが、HSPの場合は他の人とは少し理由が違うみたいです。

何度も挫折しましたが、HSPな自分の特性を理解してからは1年以上続いています。

五十嵐

他人の体調や感情が気になる

人目が気になるHSPは、ジムに行くのも大変です。「このマシン、あの人が使いたがってるかな」「私がここを占拠したら邪魔かな」「私のフォーム、変じゃないかな…」人目が気になってトレーニングどころではありません。

体型も気になるけど、それ以上に「どう思われているか」ばかりに気が入ってしまいます。もちろん、自分が思うほど、まわりが気にしていないのはわかるんです。でも、勝手に気にして、勝手に疲れて、気づけば足が遠のいてしまうのです。

特に私は、ロッカールームが苦手でした。ぶつからないように、邪魔にならないようにと、ソワソワしながら着替えるのがストレスで…長居したくないので、シャワールームなんて初めの数回しか使いませんでした。

 

今回、ジムが長続きした理由

昨年から通っているジムは、偶然にもHSPな私にぴったりでした。おかげで楽しく通っています。

  • スタッフさんがみんな優しい(怖い人がいない)
  • プールがない(ベタベタするゾーンがない)
  • 家から近い(ウェアのまま行ける。更衣室いらない)
  • 早朝、人が少ない時にトレーニングできる(人目を気にしない)

やりたいけど、長続きしない…そんな時に我慢して頑張っても、余計にしんどくなるだけです。ぜひ、「自分がストレスを少なくできる場所・方法」を探してみてくださいね。