HSP 仕事ができない?覚えが遅い理由があった

HSPさんおすすめの本
ささいなことに動揺してしまう 敏感すぎる人の「仕事の不安」がなくなる本

見た目は普通のOL。でも頭の中は、心配と不安でいっぱいのHSP。できなくても自分を責める必要はなかったんです。これを読むと「私、こんなに大変だったんだ!」と気づくことができるはず。お客様から教えていただきました♪

そうそう、まさしくコレ!と思ったことのひとつ。

仕事を覚えるのが遅い

本書では「仕事のペースが独特」という言葉で説明してくれています。

私も同じでバイトでも、転職でも、入社したては頭がパニック。教えてもらってもルールやマニュアルが、全く頭に入ってきませんでした。

年下の子たちが余裕でできることも、自分にはできない。それどころかミスの連発。こんな自分にうんざりするやら、恥ずかしいやら。

 

学生の頃は成績も悪くはなく、優等生よりだったので、「落ちこぼれ感」にも慣れていなくて余計に凹みました。ミスするたびに自分を責めて、緊張すればするほど頭がぐちゃぐちゃになっての繰り返し。

教えてもらっても、水と油みたいにはじいて脳内に入ってこないのです。

五十嵐

でも、転職を繰り返していくうちに、気づいたんです。

慣れた後は、仕事ができる

暗黒の数ヶ月を乗り越えると、なんだか仕事全体がクリアに見えてくることを。

コンビニや飲食店のバイトでも、接客や事務の仕事でも、半年も過ぎればある程度こなせているのです。もともと真面目なので、社員やお客様からの評価も悪くない。

ごちゃごちゃだった脳内がスッキリ整理できたぶん、自分が理解できなかったところを簡潔化するなど、効率化もできるのです。

そう、これーーー!

叫びたくなるほど納得したのでこちらよりグラフを拝借しました。

【HSP対談vol.4】HSPの適職と働きやすい職場を見抜く方法

これ、私だけだと思っていたのですが、HSPの特性だったと知ってなおさら納得!

大きなミスもたくさんやらかしますが、それも経験値のひとつになるのです。

仕事だけにとどまらず、趣味や新しい環境でも

最初は落ちこぼれ→慣れるとデキる。

辛いのは最初だけ。この特性を自分に言い聞かせてあげると楽になりますよ。